ローソク足の秘密

 

今回は、「ローソク足」を見る上でのポイントについて書きます。

 

ローソク足とは

 

ローソク足とは、チャートの表記方法の1つです。

主なチャート表記方法には、バーチャート、ラインチャート、ローソク足チャートなど様々なチャートがあります。

 

ローソク足はもともと日本で発祥したもので、江戸時代、米の先物取引の頃から存在しています。

米相場の神様と言われた本間宗久の酒田五法などが有名です。

 

そのため日本で主に使われているチャートはローソク足が多いです。

今ではアメリカなどでもメジャーに使われていて、世界中に広まっています。

 

ローソク足は、一目で多くの情報が分かり、相場の状態を分かりやすく確認できる

日本の英知と呼べるチャート表記方法です。

 

ローソク足の見方

 

 

ローソク足は4本値、「始値(はじめね)」「終値(おわりね)」「安値(やすね)」「高値(たかね)」

を使用し、ローソクの形に表したものです。

 

終値が始値より高い場合を陽線

終値が始値より安い場合を陰線

として表します。

始値と終値の間の長方形の部分を「実体(じったい)」

始値と終値からはみ出した部分を、「上ヒゲ(うえひげ)」、「下ヒゲ(したひげ)」と呼びます。

 

一日の値動きを示す日足のほか、4時間足、1時間足、5分足、1分足、時間ごとに様々なローソク足を作ることが出来ます。

 

ローソク足を見る上のポイント

 

ローソク足には、

・ローソク足の実体の大きな方向へ向かって動きやすい

(例えば、長い陽線がでたら、上方向へ進みやすい

長い陰線がでたら、下方向へ進みやすい)

・実体より長いひげが出ると転換の可能性がある

(ただし、だましも多いので、ひげだけでの判断はあまりしない)

という性質があります。

 

・実体幅が大きくて、ひげが短い=トレンド相場

・実体幅が小さくて、ひげが長い=レンジ相場

ということができます。

 

トレンド相場は、価格が一方向へ動き、方向性がある状態で、

レンジ相場は、狭い範囲で価格が上下し、だましに合いやすい状態です。

 

 

ローソク足の組み合わせについて

 

他にも酒田五法などには、ローソク足の足型、組み合わせによって

様々な分析方法がありますが、近年ではだましもかなり多いです。

組み合わせを覚えなくても、実体の大きさやひげの長さを見ていれば、

売買の判断はできるので、僕は基本的に組み合わせで判断したことはないです。

 

ローソク足を使った基本戦略

 

ローソク足を使った戦略は、

・トレンド状態の時、ローソク足の実体の大きい方向へエントリーする

(陽線なら陽線、陰線なら陰線方向へつく)

もしくは

・ローソク足が動いた後に転換狙いで、逆方向へエントリーする

(陽線が出て上昇した後に売り、陰線が出て下落した後に買い)

 

ローソク足が上がった時に買う、下がった時に売ることを順張り(ローソク足の方向に合わせた売買)

逆に

ローソク足が上がった時に売る、下がった時に買うことを逆張り(ローソク足の方向と逆で売買)

といいます。

 

戦略の作り方は様々です。

性格やライフスタイルにもよって変わってくると思います。

「順張りのみで戦略を立てる」

「逆張りのみで戦略を立てる」

「順張り、逆張りを組み合わせる」

おのおの独自の戦略を作っていくことになります。